最近は日本でも浴槽を利用せずにシャワーのみの入浴を行う人も増えています。
時にはシャワーだけでも良いですが、毎日となると、体をしっかり温めることはできません。

時間があるときはやはり浴槽にじっくりとつかる時間を取りたいものです。
お風呂で体を温める効果としては、まずは血行促進があげられます。体は寒い時期だけではなく、夏場もエアコンなどで意外と冷えており、体が冷えた状態が続くと健康の面や美容の面でも様々な不調が出やすくなります。

お風呂は全身の血行促進にとても役立つ場所ですので、やはり季節にかかわらずゆっくりとお湯につかる時間は取りたいところです。
血行が良くなることは代謝アップし、痩せやすい体になる、肌がきれいになるなど様々な効果が期待できます。

そして入浴は血行を良くするだけではなく、精神的にリラックス効果を得ることもできます。お湯につかると気分も良くなり、日頃の疲れも取れやすくなりますし、精神的なストレスの解消にも役立ちますので、心身ともに良い影響を期待することができます。

このときに好きな香りの入浴剤を利用したり、音楽を聴く、読書しながらお風呂を楽しむなどそれぞれに合った楽しみ方をするとよりリラックス効果も高まります。
そしてリラックスできることは夜がよく眠れることにもつながります。