人間の多くは、口で呼吸をして口で吐く胸式呼吸をしています。この呼吸の仕方では、体の機能を上手に使ってない状態なので、健全とは言えません。呼吸の正しい仕方は、腹式呼吸になり、鼻で息を吸い口で吐く動作になります。腹式呼吸では、副交感神経、自律神経の機能を高める特徴があります。これら機能の働きが、うまくいかないと体のバランスが崩れてきます。

副交感神経は、体の神経細胞の修復を行う機能なので、腹式呼吸は理想の回復修繕方法と言えます。また、ストレスが溜まりやすい原因に、呼吸が浅いケースがあります。人は深呼吸をすると、精神、心が落ち着くのも深い呼吸のためです。腹式呼吸は、ストレスを抑えるメリットがあるので、大人ほど実行するべきと言えます。

リラックス、深い睡眠は、副交感神経がスムーズに行っている証拠なので意識して、腹式をしてみましょう。そして腹式は、ダイエット、美容にも効果がると言われます。お腹を動かす動作になるため、脂肪を燃焼しやすくなります。呼吸とお腹は、健康な大腸、内臓に大きな影響を与えてくれます。さらに、血液の流れ、新陳代謝を良くしてくれる腹式呼吸は、お金のかからない美容法と言えます。メリットの多い呼吸法として、意識して続ければ自然と行えるようになるでしょう。