夜と昼が逆転しているような不規則な生活、人間関係や仕事のプレッシャーなどの悩みにや不安による精神的ストレス、過労や温度、音などの身体的なストレス、疾患が原因となるものなど自律神経の乱れの原因は上げられます。乱れてしまうと、めまいやふらつき、動悸などの症状が現れる場合があります。
不規則な生活では生体リズムが狂ってしまう、ストレスでは交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまう、疾患では自律神経失調症や更年期障害などによって乱れてしまうことなどが考えられます。
自律神経を整えて行くためには、良い人間関係を作ってストレスと上手く付き合えるように工夫して行き、感情を表に出すことによってストレスを発散して行くことで体のバランスは整っていき、精神的な充足を得ることのできる有酸素運動や自律神経を活性化させてリラックス効果を促す呼吸法を学べるヨガなどを行い、ホルモンバランスを整えたり、更年期障害を改善する大豆イソフラボンを摂取できたり、精神的な不安やストレスが解消できるような食事をしていくなどの対策をしていく必要があります。
また、早朝の太陽光には自律神経を活性化させる働きがあることも認められているため、早寝早起きを心掛けることも自然回復していくには重要なことになります。