お水を接種する際、冷えたミネラルウォーターや、ウォーターサーバーから冷えた水を飲むという人が多いと思います。常温で接種するという人は意外に少ないようなのです。水分摂取の大切さが一般的に認識されている今、積極的に日々の中で水分を摂取する事を習慣化している人が多くなってきていますが、どうせ摂取するなら身体に負担をかけないお水の飲み方を選びたいものです。朝のコップ一杯のお水は、健康と美を作る習慣と言われていますが、いきなり冷たい水を体内に入れるのは、あまりお勧めできません。朝冷たい水を飲んで、腸の弱い人は、おなかか痛くなってしまったなどの経験がある人も少なくないのではないでしょうか?冷たいお水は内臓を冷やすため、それだけ身体に負担がかかります。体の冷えは、血行を悪くしたり、内臓の働きを鈍くしてしまうので、消化不良やむくみなどの原因にもなります。体の冷えをなくすためにも水分摂取はなるべく常温のお水で行うよう心掛けましょう。冬場は外気の低下から体の冷えが生じやすいですが、夏場は冷たいものの接種により、体の内部からの冷えが増加しがちです。食欲不振、体がだるいなどの症状にもつながりますので、冷たすぎないものを接種するようにしましょう。